2017年8月5日土曜日

人材確保は関連ジャンルからの転職者ですが?

人材の純粋育成を基本としている企業では、何かしらの事情が伴わないない限り
中途採用は行われないことでしょう...

ま、大きな会社の事情はさておいて、ここでは以外の事業での範囲で..
事業の拡大に伴い人材の確保は、必要に迫られる重要な事ですね

さて、人材の確保はさておいて、求人は職業安定所や、情報誌で求めることでしょう

雇用するかどうかは、通常知り合いでもなければ初対面ですので人、履歴書から
おおまかに判断するわけですね

ここまでは通常のこと...

該当するジャンルの経験者であれば即戦力として活躍を期待できるでしょう

しかし、経験者は逆の見方をすれば警戒しなければならない存在とも...?

...慎重をきたすべきことが多くございます


転職は初めてか

同じ業種経験か、複数転職、初めてでもですが、あなたの会社の情報が外部に
流出することでマイナスになると判断する場合

顧客情報、技術情報

初めての転職でも、今後同業種にいずれ転職することもあるとして

以降、永年勤続できず退職するという先々のことを考え雇用契約は詳細を含めて
結んでおきましょう

人とは次なる仕事の基準として、同業を選択する確率が高いものです


関連する業種であれば、些細な情報でも朗報...となることもある
それで、行く末が変わることも...?


業務情報のすべてを次なる雇用先で公開しないこと...ですね

会社内での、顧客情報や技術情報、他の重要情報でも時間の経過とともにおのずと
社員には共有されてしまう傾向がみられます
できる限りの情報管理を事前対策として備えましょう

0 件のコメント:

コメントを投稿