2018年10月27日土曜日

ここでいいかと満足すれば成長は止まる?

10月 27, 2018
仕事であれ...何であれ..何かしら願う道筋を見据えることも人それぞれ...あるやしれません..

しかし...ひとつの目標に向かって突き進んでいても、達成した...もしくは、道のりが
長く...それ以前の位置で立ち止まり...満足してしまう...

ここでいいか...これ以上は無理か...と心決めしてしまったら、成長はそこで終わる...

現状が目標の位置に到達したはず...ならそれでいい..

ではダメなんですね..




事業で言いましょう..

常なる拡張形態に努力をしなければ、顧客の減少..とは収入も同時進行で減少へ進む..

どんな努力も立ち止まったなら...そこで終わり...


素敵なボディになりたいと毎日せっせと努力している...そして願うスタイルにまで
もう直前...

だけど..もうこの辺でまあいいか...では、その時点から元の体に逆戻り...
筋力は衰え脂肪も蓄え始まる...

怠けてはだめなんですね...

どんなに努力してここまで来た....しかし、人の世の定めでしょうか...
それとも...それが人なんでしょうか?

そんな神様が作られた?無慈悲な仕組みがにあなたを覆いつくします...

怠れば...時は止まる....


満足したから..これでいいや...の思考は、時として訪れる心模様です...
それが人ですから仕方ありませんがその自分に気が付いたなら...
このままではだめだ...と思い直し....今以上を目指し再スタートしましょう...








2018年10月20日土曜日

聞き上手は聞き力...自分を高めるすべ!

10月 20, 2018
聞き上手とは?どんなことを指していう意味合いでしょうか?

あなたの周りにあの人は聞き上手よ..といわれる方がいるかもしれません...けど、
そう評価されているなら...性格として理解判断されているのかもしれません?

違和感がない...聞き上手などとは思われない...自然な流れ...の会話...

人の言葉に耳をかざし...真意を理解する....

コミニュケーションとは、会話があって成り立つもの...

会話とは互いに意思を伝え疎通を図ることですね..

聞き役ではあるのだが、伝わる意味に付加を加えて返す言葉も必要..

聞き上手は、それは話上手でもあるんです...?



元来..人はだれかに何かを伝えたい修正を持っています...

自分の今の気持ちを相手に伝えたい...出来事...その他情報を誰かにですね..
そんな心持ありませんか?

伝えたい欲求があれば..ランダムでお声かけしますが、単に聞いてくれるだけ...
反応もない....
また、全然聞いてくれない例もある...

でも、誰かしら真剣に聞いてくれる人もおります...(多分?)


真摯に聞き入れながら...相応の答えを返してくれる...

聞き上手とは、返す言葉はわずかながらも自己理解できるよう促してくれる..
それが話上手...



立ち位置を変えてみましょう..

あなたは相手の話を真剣に聞いているでしょうか?

話を相手に伝えたい意識が強くいは理解しますが、相手の話をよく聞いているのでしょうか?

少し過去を思い出して状況を頭の中で再現し、自身の行動を検証してみましょう..


人は自身の伝える話に真剣に向き合ってくれる人を信じる習慣性があるのです..
あの人は自分を理解してくれている..とですね..

聞き上手は聞くだけで話上手の逆...と理解する向きもございますが、精査してみましょうか?

聞くことにたけていれば、それは話し上手とも理解されるのです..

相手の言葉を精査して自身の考えに誘導させることができる..からです...



営業のお仕事でみてみましょうか?

話上手より聞き上手がまとめる力が強いと言われております..

商談のセールス...自分の誘導方向へ話を持っていくためには、興味のポイントを
示し...相手の質問に答える形式にもっていく...


相手の話を遮り..伝えたい情報を乱発するため...商談をまとめるため...自分の言いたいことを熱心に...という方法もありますが、たとえまとまったとしても..それは成立を相手が願っていたためで、あなた自身の存在は箕臼...


聞き上手の優位性

聞き力は人の魅力を高める作用がある..

有効に使えば、あなたに認めてほしいと願う人が周りに集まる..

自分を認めてくれる人の意見を信じ従ってくれる...
それはあなたを大事にしてくれる...でしょう?

親友と上文に記載ありですが、親友とはどちらかが聞き上手..ではありません?
どちらも話し上手という例もありますが、それはどちらも聞き役の範囲を自己理解して
いるから...なんですね


人とのお付き合いをうまく進めたい...すべては会話から...

長い人生です...自己存在を高めるすべとしての聞き上手...でしょう。


聞き方のNG

聞き上手をうまく利用すれば...とは置いといて、やれば信頼性が少しぐらつく例を
言っときますね...

相手が訴えてくる情報を知っているとしてもですね..

それ知っている..聞いたことある..とか言わないで...

相手は言いたくて..しょうがないから口にするんですね
そこで、知っているといえば...訴える重要性が軽くなる...です..

話したことで、あなたの反応をみたい...その期待が失われる...

一度ぐらいなら...まあ、あることですが、2度3度あり得るとあなたを聞き上手の
視野から外してくる...

ですね...













2018年10月16日火曜日

変化する事業体系が生き残る術

10月 16, 2018
企業が永年と生き残るのは、ひとつのジャンルをぶれずに硬く守り続けている...
それが会社の信用となる...でしょうね。

しかし、はた目から見ればそうであっても、時代の進化に合わせて内容は変化しているから...が要因...


かたくなに古くからの基本のままに一つのことを守り続けるジャンルもあるでしょう..

たとえて言えば、変化することを望まれていない..
宮大工とか、伝統工芸...無形文化財に指定される職域では、硬くなに守り続けることが
ながら得る術...(これは特異分野なので今回はパス)

変化するといってもジャンルの存在が求め続けられるなら、内部形態が進化すればよいのですね..

トヨタ自動車が、有機燃料系から電気自動車にシフトしているのも変化でしょう...




事業の未来...考えるべきこと...

日々、法人、個人とはず起業はスタートされているでしょう..

職種は、時代の流れに合わせ変化しながら継続して行けるでしょうか?
もし、現状に不安を感じているのならですね..
同じ職種のライバルの動向を観察してみる...
できれば、個人レベルではなく..大手起業はどんな分野へチャレンジしているか?
大手であれば、それは十分なリサーチ、検討の元進めていることですので効果が
高いと判断できる..
形態変化の指標..と理解できるでしょう

自身のはどんな方向へ変化すればよいのか?図れるでしょう...


さて、今はよいとしても..いつしか消え去るジャンルでしょうか?

昔から存在する職種でも...需要がなくなり消え去る例はあります..
また、時代背景にマッチし繁栄したものの...何かの影響を受けてか?市場が縮小傾向に
向かう...

そのものが社会から無用とされる例...ポケベルなど一時は連絡手段として必要なツールとして多く使われたが、形態電話の登場で姿を消した...等々...

縮小の傾向が現れたら...では、売り上げの減少によるマイナス収支を計上してしまう...
転換は遅すぎるとも言えます...

できる限りは、繁栄はいつまで続かない...ジャンルと理解できるならば、次を見据える
用意が必要ですね...



ソフトバンクという大企業を見てみましょう..か...

この会社のすごいところは、会社設立..パソコン、プログラムの販売から始まり、ヤフーの設立、モバイル分野への進出と常に時代の最先端へ人々を導いているでしょう...

現在の利益追求の営業も力点を置いているが、ジャンルが異なる未来への投資もすごい...



...おまけ記事

本体の事業転換..ですが、流行を敏感に察知して追従する例も多々見受けられますが
初期段階ではない、中期でもない...後半の中期に遅ればせながらの参入もございます。

散在する情報を十分に精査してからでしょうが、後半に突入したとは気が付かず...?
初期段階は好調な滑り出しだったが、長くは続かず...いつしか負債残債で営業閉鎖とか...

ま、流行でも市場の縮小はあるものの..継続性を持つジャンルもあるのですべてを否定する
分けでもありません...

流行を常に追いながら形態転換してゆく..もしくは、本業以外の収入源を得ようとする参入例は多くあるものの...
今だけか?継続性があるのかを精査しませんと願いかなわず...の結果を招きます。