2018年10月16日火曜日

変化する事業体系が生き残る術

企業が永年と生き残るのは、ひとつのジャンルをぶれずに硬く守り続けている...
それが会社の信用となる...でしょうね。

しかし、はた目から見ればそうであっても、時代の進化に合わせて内容は変化しているから...が要因...


かたくなに古くからの基本のままに一つのことを守り続けるジャンルもあるでしょう..

たとえて言えば、変化することを望まれていない..
宮大工とか、伝統工芸...無形文化財に指定される職域では、硬くなに守り続けることが
ながら得る術...(これは特異分野なので今回はパス)

変化するといってもジャンルの存在が求め続けられるなら、内部形態が進化すればよいのですね..

トヨタ自動車が、有機燃料系から電気自動車にシフトしているのも変化でしょう...




事業の未来...考えるべきこと...

日々、法人、個人とはず起業はスタートされているでしょう..

職種は、時代の流れに合わせ変化しながら継続して行けるでしょうか?
もし、現状に不安を感じているのならですね..
同じ職種のライバルの動向を観察してみる...
できれば、個人レベルではなく..大手起業はどんな分野へチャレンジしているか?
大手であれば、それは十分なリサーチ、検討の元進めていることですので効果が
高いと判断できる..
形態変化の指標..と理解できるでしょう

自身のはどんな方向へ変化すればよいのか?図れるでしょう...


さて、今はよいとしても..いつしか消え去るジャンルでしょうか?

昔から存在する職種でも...需要がなくなり消え去る例はあります..
また、時代背景にマッチし繁栄したものの...何かの影響を受けてか?市場が縮小傾向に
向かう...

そのものが社会から無用とされる例...ポケベルなど一時は連絡手段として必要なツールとして多く使われたが、形態電話の登場で姿を消した...等々...

縮小の傾向が現れたら...では、売り上げの減少によるマイナス収支を計上してしまう...
転換は遅すぎるとも言えます...

できる限りは、繁栄はいつまで続かない...ジャンルと理解できるならば、次を見据える
用意が必要ですね...



ソフトバンクという大企業を見てみましょう..か...

この会社のすごいところは、会社設立..パソコン、プログラムの販売から始まり、ヤフーの設立、モバイル分野への進出と常に時代の最先端へ人々を導いているでしょう...

現在の利益追求の営業も力点を置いているが、ジャンルが異なる未来への投資もすごい...



...おまけ記事

本体の事業転換..ですが、流行を敏感に察知して追従する例も多々見受けられますが
初期段階ではない、中期でもない...後半の中期に遅ればせながらの参入もございます。

散在する情報を十分に精査してからでしょうが、後半に突入したとは気が付かず...?
初期段階は好調な滑り出しだったが、長くは続かず...いつしか負債残債で営業閉鎖とか...

ま、流行でも市場の縮小はあるものの..継続性を持つジャンルもあるのですべてを否定する
分けでもありません...

流行を常に追いながら形態転換してゆく..もしくは、本業以外の収入源を得ようとする参入例は多くあるものの...
今だけか?継続性があるのかを精査しませんと願いかなわず...の結果を招きます。






0 件のコメント:

コメントを投稿