2019年8月13日火曜日

褒めてヨイショされて.それはあなたをコントロールするための罠?

相手の長所を褒めるのは人のつながり...コミュニケーションを図るうえでは素晴らしい言葉ツールでしょう..

人って、褒められて..ヨイショされると嬉しくなり自己満足した世界に浸れることができるのですね..
ま、他人から観察すると舞い上がっているようにも感じ取れますが?
自分世界しか見えていないので...それはそれで...



計算ずくなのか、自然体の習性なのか?..取り巻く人を持ち上げる人っていますよね..
誉める..ヨイショもある..尊敬的な意思表示...それはそれで人との潤滑油...大事なことでしょう...

単に自分は詰まらないレベルと思っていても..何か..気付いていないことやマイナスと思っていたところを異なる視点でみすえ褒め称えてくれる...

この人は自分のことを理解してくれている...
そして合うごとに何かを褒め称えてくれる...

そんな接し方って...されると嬉しいでしょう?

自分のことを理解してくれている..それは特別な扱いをしてくれている..と感じ取れますね..

自分を特別に扱ってくれる人には、いつも特別であってほしい..そんな思考が定着してしまうと誉めてほしくて何時しか媚びる人になってしまう?...こともあります??

お友達のお付き合いなら..皆さんに嬉しい心持をプレゼントしてくれる..
これがその人本来の性格なら、いつまでもいい人であってほしいものです..が、これが計算ずくの接し方ならいつかは終焉を迎えるときがくるでしょう..

そう、演出は...芝居はいつまでも続かない...偽りの自分は疲れるし..ENDはあるということ...

ま、いつの日か..あいつ性格かわったね..そんな評判が立てば終了したのでしょうと理解しましょう...


さて、タイトルの褒めてヨイショされて.それはあなたをコントロールするための罠?へ進みます..

そこで申し訳ありませんがお友達路線ではあまり面白くないのでビジネスへ色合いを変えますね..

取引相手を褒める..ヨイショするは商談をスムーズに進める潤滑油で通常的につかわれることですが、相手を貶めるために...いや自分の都合の良い方向へ物事を進めるために計算ずく?..で、コントロールするために使う輩も世の中には多くおられます..

ビジネスですからすべてが悪い意味でとは申し上げませんが、表の笑顔の裏にあさましい野心を持って相手を陥れる...

例え...あさましいを含めて..
とかく偽りですからヨイショする意味合いが終了した時...取引の力学が入れ替わるころ...
ある日..突然か...もしくは徐々にでしょうが、誉め言葉が途絶える..態度も変わる...

今まではヨイショしてくれる立場的に下と思っていた存在が、上に...入れ替わる?
しかし、今までヨイショされていた人は気が付かず...
持ち上げ..や下げ行為を繰り返され、都合の良い方向へ向かうよう仕向けられる...
以前のヨイショ状態に戻ってほしくて相手に媚び...いうがままに踊らされてしまう..

誉め言葉、ヨイショは、甘美な誘惑ともいえましょう..
人は惑わされ動かされてしまう弱い心を持ち合わせています..
誉めてほしくて...いうことを聞いてしまう..

そんな人の感情を巧みに野心ありきで使う輩も存在すること...
覚えときましょう...

惑わされぬよう事前に気付くべきこと

甘美な誘惑のアリジゴクに足を踏み入れてしまわぬようにするには、人を観察する心構えを知ることです..

一般的な褒め言葉...それは必要だから使われること..
プラス..人を褒めたくて仕方がない...喜んでくれることが嬉しいとする人もおります..

野心ありきは、必要以上の誉め言葉...ヨイショですね...

それでもビジネスの野心は、悪意が無ければ形式だけ...受け入れてもよいでしょう..
けれど心は冷静にね


悪意ありき..ですね..
ま、正論ではありませんが、経験で言いますと..相手のお顔...言葉尻に何か引っかかる..
それ以前に悪意ありきは、人そのものがレベル以下...
言葉が悪くなりますが、お調子者...人相に好人物の人柄があらわれていない..人相が悪い...
とも言えますね..
好意を持てないけど人なつこい...
褒め言葉は別として、話に真実味が感じられない..

相手を観察し当てはまるなら除外...

あくまで人とのお付き合いでしょう?
好きになれないと感じるなら..避けましょう..


0 件のコメント:

コメントを投稿