2019年8月21日水曜日

解雇された人、残留した人の明暗

お勤めする会社の都合で人員整理の対象になってしまい願いむなしく退社される方も多くみられる世情ですが、その後に興味はありませんか?

ここでの記事は、提案事でもなく単なる読み物程度に...ご承知ください...


5年前..とある会社のこと
大手会社の関連会社..子会社みたいなものですが元はここが本体..で、従業員は総勢200名でいつも繁忙状態..

そんな仕事がお忙しい会社でも何かの影響か、その関連会社だけをを消滅させるという決断が本体運営部によって下されました..全員解雇?

営業開始からすでに20年は経過している会社ですので、創成期からお勤めなさっている方も多くおられるのですが、ほんの一部..30人程度は本社の別関連会社へ移動...以外はすべて解雇?...

200名でしょう..一度に消えては残務整理もおぼつかず..ですので一年計画で毎月順送りで
職場を去っていくという流れで閉鎖へ向けて事は運びます...

ま、上の判断ですから皆さん致し方なく..でも、人はそれぞれでしょう?
会社の都合で消え去るところにいられるか...人は、いろいろ諸事情があるのですね..
退社時期を待ちきれず、次なるお仕事へ進まれた方も多くおられます..

さて、お話は多くを当てはめるとまとまりがつきませんので、最終に残る30名付近を垣間見て進めますね

残るはずの30名とはいっても選抜は子会社を任されていた人..一人の判断にすべてゆだねられることになりました...

とすると残る人は、29名..一人の判断で決められる..
判断は何を基準にするのか?

そんな不安を抱えつつ時間は過ぎゆきます....

残務整理も終盤になると60名ほどの従業員で毎日汗だくでかたずけごと頑張ってましたね..

それは、今まで勤めてきた会社は消えるけど、次の職場移動の枠に残りたいという切なる願いがあったから..

人って長く同じ勤めをしていると退社して次の仕事へ行くことへ拒絶感を覚えるのですね..
ですけど、関連会社なら元は同じなのですから指示に従い行く先が変わるだけのことなので拒絶感はない..ということになります..

さて、最終7日前...まだ残務整理は続いています..
皆さん...残留に願いをかけて...
ですが、まだ、残留の指名はありません

そして最終日...
事務所全てかたずけ終わり..残るは残留者の指名だけ...

外されれば...明日から無職?
お仕事探し..失業手当の受給申請とか...失念にプラスして忙しくもなります..

通常は....過去の勤務態度?
会社にどれだけ利益をもたらしたか?
貢献してきたか?...でしょう..?

または、子供が大学に行くので失業は避けたい?
家のローンが...

しかし、あてはまる対象の人は外されました...

残留を言渡されたのは、単に判断者に近い人...それだけの理由...
解雇、継続の判断は上からの指示..自分は伝えるだけ..それが委ねられた人の発言..
ま、解雇組の面々に向かって自分で決めた事とは言えなかったからの苦しい言い訳も
放心状態で肩を落とす人には意味をなさないお言葉...

残留を言い渡された人は安堵したでしょう..
以外の人は?...お気持ちはお察しします...

ここまでくると何を言っても流れは変わりません..皆さんそれぞれの明日へ向かうしか
ないのです..

さて、5年の月日を飛びましょう..

まずは残留組の方々...
各部所へ配属されたものの..閉鎖会社人員の受け皿間隔で雇用した人を大事に扱うなどということはなく..皆さん平社員のままで給料も減額され...転職したほうがよかった?
なじめずの退社もあり..残留組で関連に残るは5人...

外された人
人って外されて..捨てられた..でも、それが心を強くするのでしょう..
皆さん、必死になって新しいお仕事探し..(該当しない人もおりました)
そして退社勧告など2度とごめん...と食らいつき頑張っています。

外され組について?
最終段階で解雇を言い渡された方は、皆さんお仕事できるという評価レベルにあったのですね..
でも外された..

それはお仕事できる人を管理していた人..関連会社のトップだった人...
そう判断をゆだねられた人ですね..
この人のお仕事レベルは無能レベル..ただ単に本体トップへのヨイショがうまく...周囲にいるでしょう?

ただそれだけの理由で、子会社の担当を任されていただけ..
無能でも何かを提案しなければ上の心証が下がる..でしょう?
で、新規路線を提案し部門も立ち上げる...資金も使うが全然進展しない?...
閉鎖が下された要因...

そして、残留組に有能人材を残せば...お仕事できるでしょう..

以前は本体トップにヨイショすれば、うまく事は運んだ時期もあったが、現在は上層部がすべてを掌握する管理体制になっているので、人の審査は厳しい目ではかられるのです...

すると次は自分の存在が消される可能性も..

ですので自分に近い..無能組?を残したのでした..


このお話は、残留組を非難し、外された人たちを褒め称える趣旨ではありません..
単にあった事実を書いているだけ...

外された一人のAさんとこの前渋谷で食事をする機会がありました...

不動産会社にお勤めになり宅地建物取引主任者の資格も取ったといって名刺プレゼンしてくれましたけど、解雇の言い分,,,首にしてくれたことで今がある..で感謝だそうです..

当時は、肩をがっくし落として..もうだめだと嘆いていた人...何もお役立てできませんでしたけど...元気な姿見られてうれしい..

現在は資格保有者なので給与も2倍..子供が大学に行くのでもっと頑張らねばと人生に
意欲的...

なんか光っている人見てると羨ましくもなりますが.....

ま、あたしのように病気しないよう?お励みください...


0 件のコメント:

コメントを投稿